症状

左股関節の痛みを訴え来院。
週末にラウンドし、ラウンド中に違和感はあったものの、
痛みなくプレーを終えた。
翌日に痛みが出始め、歩行にも支障が出ている。
左足に体重がかかると股関節の外側に激痛が走り、
休みながら歩く状況。
最近、股関節の外側に違和感があったが、
特に気にしないでいた。

 

姿勢検査では左に体重がかかると痛みが出る為、
右足体重になっていた。
猫背で膝が少し屈曲し、丸まった姿勢であた。
体重をかけないように、仰向けで左股関節の検査をすると、
内旋、内転で体重をかけた時のような痛みが再現された。
筋力検査では、腸腰筋、中殿筋、内転筋に過緊張があり、
特に中殿筋の過緊張と圧痛が顕著にみられた。

施術

施術では過緊張を起こしている筋肉を緩めるようにアプローチ。
また、前屈みの姿勢に関わる筋肉、関節にもアプローチ。
上記の施術後に立ってもらい、左に体重をかけてもらうと、
先ほどの痛みは7割減少しているとのことであった。
その後、股関節、骨盤、胸椎の可動性を付けるよう施術し、
痛みは9割減まで改善した。
姿勢とストレッチを指導し、5回の施術で改善された。

分析

今回の痛みは、立位で左脚に体重をのせた時に現れます。
特に中殿筋の障害が直接的な痛みの原因になっていました。
中殿筋は人間が二足歩行するうえで最も大切な筋肉と言われ、
体重をのせた側の股関節を安定させる働きをします。
実はこの方、左の膝を長年痛めていて、左に体重をのせる時に、
膝に負担が掛からないように、より左の股関節(殿筋群)で
支えるように立ったり歩いたりしていたのです。
それが原因で、常に左の中殿筋が疲労して、
今回の障害を起こしてしまったと考えられます。
根本的な原因は、左膝にありましたので、
左膝の施術を行うことにしました。